パソコン修理日誌 【パソコン修理方法 PCアシスト】

起動時にlsass.exe エラーが出て再起動する修理 レジストリの復元

起動時にlsass.exe エラーが出て再起動する修理 レジストリの復元

「次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windowsを起動できませんでした」というエラーが出始めて、シャットダウンも出来なくなったため、CD-ROMにて回復コンソールをし、systemファイルを修復したが、再起動後、lsass.exe エラーがでて パスワード を更新しようとしたときに、このリターン状態は現在のパスワードとして 指定した値が 正しくないことを示します。というメッセージがでて、再起動を繰り返してしまいます。

という症状です。
なにやらレジストリの修復をミスったようです。

まずは、HDDをコピーしますが、なるほどエラーが出ていて不良セクタが出来ていたようです。
コピーしてもレジストリがおかしいので正常起動できません。

レジストリファイルは、C:\WINDOWS\system32\config フォルダにある以下のファイルがセットになって構成されています。

default
sam
security
software
system

HDDを別のパソコン(Windows7Proを使用しました)に接続して、まずはこのC:\WINDOWS\system32\config フォルダ内にbakというフォルダをつくり、そこへ上記の5このファイルを入れておきます。

次に、C:\System Volume Information フォルダを開きますが、アクセス権を要求されますので、フォルダのプロパティから、アクセス権を変更してから開きます。

C:\System Volume Information\_restore{****}\RP****\snapshot フォルダを開き、以下のファイルをコピーします。
ファイルの日付から、RP**** は故障の5日前に作成されたものを使用しました。

_REGISTRY_MACHINE_SAM
_REGISTRY_MACHINE_SECURITY
_REGISTRY_MACHINE_SOFTWARE
_REGISTRY_MACHINE_SYSTEM
_REGISTRY_USER_.DEFAULT

c0034002_9305668.jpg


コピーしたファイルをC:\WINDOWS\system32\config フォルダに保存してそれぞれの名前を元のファイル名に修正します。


これで正常起動できるようになりました。


スキャンディスクをかけて修理完了です。


http://www.pc2.jp/
パソコン修理のお医者さんPCアシスト
by yasupon2005 | 2011-02-03 16:33 | ノートパソコン修理方法
<< NECノートパソコン VA80... 懐かしのシャープMZ1200、... >>



パソコン修理方法のブログ。起動しないパソコンや動作がおかしいパソコンをどう修理するか頭を悩ませる日々の記録。全国宅配送料50%弊社負担します! 〒289-1226 千葉県山武市横田948-3 PCアシスト
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
修理のご依頼は

パソコン  修理


PCアシスト
〒289-1226
千葉県
山武市横田948-3
050-1205-3827
0475-77-7447
http://www.pc2.jp

PCアシストは、パソコン修理の専門店です。
電源が入らない、画面が表示されない、OSが起動しないなどの壊れたパソコンを格安で修理致します。



=修理ご依頼はこちら=
























にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ
にほんブログ村



http://sakurasi-chintai.net/ ユーカリが丘に住みたい


プリティけいこの腹話術

カテゴリ
検索
記事ランキング
修理中のつぶやき
以前の記事
人気ジャンル
画像一覧