パソコン修理日誌 【パソコン修理方法 PCアシスト】

カテゴリ:東芝パソコン修理( 3 )

東芝ノートパソコン TX77MBL、TX77MWH起動不安定の修理

東芝のノートパソコン、TXシリーズの起動不安定の修理です。

c0034002_17200317.jpg


昨年より数件、修理お問合せがあったのですが、マザーボード不良により、マザーボード部品の交換修理が必要だと思ってお断りしておりました。
しかし、マザーボードのチップ部品の交換で直るんじゃないかと、月曜日にお見積りして、修理をお受けしたところすぐに火曜日にお客様から配送されてきました。


PATX77MRFWH TX/77MWHという機種です。
このパソコンは、白い今回のタイプと、黒いTX/77MBLがありますが、どちらも故障の発生具合は同じ様です。


「電源を入れると起動音がして画面も入りますが、すぐ電源が切れる。何度か繰り返して通常起動した場合でも使用中に電源が切れたりする。調子悪くなりかけの時は何回かに1回でしたが、現在は起動時に必ずなります。」

という症状でのお預かりでした。

c0034002_17200339.jpg


Core-i5 2.4GHz搭載のWindows7パソコンで、2010年6月の発売です。
スペックも高いし人気だった機種だと思います。
東芝のスペック詳細サイトはこちら http://dynabook.com/pc/catalog/dynabook/100614tx/index_j.htm



まずは、分解して、マザーボードを確認致します。
それほどCPUファンにもホコリが溜まっておらず、焼損しているような部品もありません。


CPUへの電源供給系の回路係数の劣化が原因と判断し、コイルを交換してみたがあまり効果なし。
いつものようにタンタルコンデンサの交換と追加にて、電源が落ちる症状が改善しました。


さらに、電源スイッチ部分にも不良があり、スイッチをしっかり押さないと電源が入らない症状が・・・。
タクトスイッチの作りがいまいち良くないようです。
SOTECなどで不良が多発したスイッチ部品と構造がそっくりなのですが、さらに貧相な作りになっています。



小型のタクトスイッチ部品に交換しましたが、純正スイッチよりも数ミリサイズが大きくなるので、スイッチパネルを少し削る加工をして、程よいクリック感に仕上げました。


スイッチを押すと電源のランプが点灯し、無事Windowsが起動するようになりました。もちろん電源が落ちることもありません。

c0034002_17200380.jpg



念のため、24時間動作確認を行い、本日水曜日にご返送です。
なかなかカッコイイパソコンですからね。
お客様も喜ぶことだと思います。







by yasupon2005 | 2014-06-25 18:03 | 東芝パソコン修理

東芝PT551T4CBTCマザーボード半田修理

東芝PT551T4CBTCが液体混入で起動がおかしいという症状です。
メーカーではマザーボード等の交換でべらぼうな見積が出たようです。

まぁ、マザーボードとキーボード交換となれば金額も相当なものです。

まだ購入後半年程度ということでかなりショックだったようですが、あまり予算も無くなるべく安価でお願いしたいということでしたので、キーボードは直らなくても外付けUSBでなんとかするということです。

状況は、HDDを認識できない。
5時間ほど放置すると起動することがある。

というやっかいな物です。


マザーボードを洗浄して、乾燥させてから通電させてみると、やはりHDDを認識することが出来ません。
あれやこれやと手を尽くしたのですが、なかなか直ってくれません。

これだけじっと見つめていると気がめいって来るので、他の修理をやりながら、あれこれ試していると、5V回路の電圧が低下していることに気がついた。CPUファンなどに供給されている電圧が3Vほどしかありません。

なるほど、5Vを作り出しているFET回路回りの故障だということが分かったゾ。
そして、とうとう1週間近くたってから見つけました~!抵抗値がおかしくなっている回路が。
まずは他のFETに行っている信号線をバイパスして来ましたがスイッチを押しても反応なしになってしまいます。

c0034002_1772727.jpg


そこで、おかしくなっているチップ抵抗を外して、1/4W抵抗の1.2KΩを接続してみると・・・起動しました。
その後、4時間ほど動作チェックを行って問題無い様だったので、修理完了とさせていただきました。

c0034002_178490.jpg




いやぁ、それにしても疲れました。
by yasupon2005 | 2012-06-05 17:08 | 東芝パソコン修理

東芝TX/66H HDD交換リカバリ後にWindowsUPDATEがエラーコード8024A000 

【HDDを交換後に、WindowsUPDATEがエラーになった時の解決方法です】

事の発端は、東芝ノートパソコン TX/66HPKがHDD不良でHDD交換修理の依頼です。
HDD交換なんて一番楽勝な修理のはずですが、3日もかかってしまいました。

リカバリメディアから、500GBのHDDにリカバリを行っては見たものの、動作確認を行うと、WindowsUPDATEでエラーが出てしまいます。

エラーの内容は以下の通りです。

c0034002_131014100.jpg


新しい更新プログラムを検索できませんでした
エラー:
コード8024A000 ヘルプを表示します


そもそも、リカバリ時にWindowsLiveMailの「MSOE.DLLを初期化できないため、Windowsメールを起動できませんでした。」というエラーが出ており、ちょっとおかしいなとは思っておりました。

c0034002_1393363.jpg




HDDの相性でもあるのかと、HDDのメーカー容量を変えてテストをしてみると、

TOSHIBA MK1661GSYN 160GB では、OK

TOSHIBA MK5059GSXP 500GB では、NG
HITACHI HTS545050A7E380(Z5K500-500) 500GB では、NG
WESTERNDIGITAL WD3200BPVT 320GB では、NG

c0034002_13105352.jpg


リカバリメディアも、弊社の手持ちのDVD、HDDにあったリカバリ領域からのリカバリ(0キーで開始)など試しましたが、いずれもWindowsUPDATEは出来ない。
VistaのSP2をダウンロードしてきて、実行するが、「E_UNEXPECTED 0x800ffff」致命的なエラーで停止する。
kb949104のページを開き、Fix itを実行するが、エラーになる。
HDDのスキャンディスクを実行すると、新品のHDDなのに、なにやらfree clusters processed が連続で表示される・・・。
しかし、駄目。

c0034002_13115997.jpg




よくよく調べてみると、先人の知恵で、情報がみつかりました。
HDDのセクタが以前のHDDは512バイトだったのに、最近の論理セクタが4096バイトになっており、リカバリメディアでこの512バイトの時のディスクイメージを4096バイトのディスクに復元するのがいけないという事です。
WindowsXP時代の古いHDDは物理セクタ512バイトですが、VistaからWindows7以降の新しいHDDはAFT(Advanced Format Technology)対応HDDと呼ばれ、物理セクタ4096バイト(約8倍)になっています。狭い範囲に多くのデータが書き込まれることにより、データの読み書きの速度がアップしています。なお、WindowsVista、Windows7ではこのAFT技術に対応しているのでパフォーマンス向上しますが、WindowsXPはAFT技術には対応していないので、使用は出来ますがパフォーマンスが落ちる可能性があります。




さて、WindowsUPDATEが出来ない症状の解決方法です。
「インテルラピッド・ストレージ・テクノロジー」で検索し、「インテルラピッド・ストレージ・テクノロジー-ダウンロードセンター」のページを開きます。
http://downloadcenter.intel.com/Detail_Desc.aspx?lang=jpn&DwnldID=20624

現在の最新版 iata_cd_10.8.0.1003.exe をダウンロードします。
英語版でもマルチランゲージでもどちらでもOKです。


2013/10現在、このファイルはダウンロードできないようです。最新のドライバファイルではインストールできなくなっています。この件でどうしてもお困りの方は、修理対応可能です。ご相談ください。


ダウンロードしたドライバファイルを実行して、インストールを行い、パソコンを再起動させます。

これで直るケースもありますが、しかし今回は、これだけではまだWindowsUPDATEは出来ません。

再度パソコンを再起動させて、起動時にF8キーを連打して、セーフモードで起動します。
スタート→コンピュータ→Cドライブ→Windowsフォルダを開きます。

SoftwareDistributionのフォルダを右クリックし、名前の変更で、SoftwareDistribution.oldなどに名前を変更して再起動します。

c0034002_13153965.jpg


このフォルダには、WindowsUPDATEの適用済みなどの情報が保存されています。
名前を変えると次回起動時に新しいSoftwareDistributionフォルダが自動作成されます。


再起動後に、いよいよWindowsUPDATEの実行です!
スタートメニューからWindowsUPDATEを起動すると、正常にWindowsUPDATEが行われるようになりました。

c0034002_13141770.jpg


メデタシメデタシ
HDD交換も
http://www.pc2.jp/
PCアシストへお任せください! 050-1205-3827までお問い合わせください。



http://www.pc2.jp/pc/mitumori/hdd_koukan.htm
HDD交換修理格安



http://www.pc2.jp/pc/sindan/usbmemory.htm
USBフラッシュメモリーデータ復旧
by yasupon2005 | 2012-04-24 13:20 | 東芝パソコン修理



パソコン修理方法のブログ。起動しないパソコンや動作がおかしいパソコンをどう修理するか頭を悩ませる日々の記録。全国宅配送料50%弊社負担します! 〒289-1226 千葉県山武市横田948-3 PCアシスト
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
修理のご依頼は

パソコン 修理


PCアシスト
〒289-1226
千葉県
山武市横田948-3
050-1205-3827
0475-77-7447
http://www.pc2.jp
営業日 月~金
営業時間 9時~18時
休業日 土日祝日




PCアシストは、パソコン修理の専門店です。
電源が入らない、画面が表示されない、OSが起動しないなどの壊れたパソコンを格安で修理致します。



=修理ご依頼はこちら=
























にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ
にほんブログ村



http://sakurasi-chintai.net/ ユーカリが丘に住みたい


プリティけいこの腹話術
カテゴリ
検索
記事ランキング
修理中のつぶやき
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧