パソコン修理日誌 【パソコン修理方法 PCアシスト】

<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

USBメモリデータ取り出し修理 BUFFALO RUF3-JM8GS-SV RUF3-K32G

「RUF3-JM8GS-SV USBメモリをPCに差したままぶつけてしまい、USBメモリが認識できなくなってしまいました。差しこみ部が少々歪んでしまっています。」という修理依頼と・・・。

同じ日に 「RUF3-K32G USBメモリーが認識されないようになりました。しばらく点灯していたのですが、今はUSBは点灯しなくなりました。」という修理です。

似たような症状で、開けてみると全く同じ基盤でした。
片方はUSBの接続部分が確かにゆがんでいますが、もう片方は変形等はありません。

c0034002_16465054.jpg


まずは顕微鏡で物理的な破損を探しますが、半田割れは見当たりません。
テスターでも確認してみましたが、問題ないようです。

目に見えないような半田割れがあるのかと思い、念入りに調べますが接触不良になっている箇所は無いようです。

症状からするとコントローラICとの通信が全く出来ていないようです。
どうやらこの同じシリーズは、IS902というドライバICの半田付けに問題がありそうです。

このIS902というICの半田われを一時的に改善してやるとデータの取出しが出来るようになりました。
2個のUSBメモリ共に全てのデータの取出しが出来ました。


しかし、それから4日後に同じシリーズの全く同じ基盤のUSBメモリ「RUF3-K8G」というメモリが修理にやってきました。
やっぱり同じ故障で、パソコンに認識されないという症状です。
分解して確認しましたが、端子の半田割れはありません。
今度はIS902の半田の修復を行っても正常に認識できませんでした。

こうなると、メモリチップを外して他の基盤に乗せかえる作業が必要ですが、残念ながらこのサイズのメモリチップ用の工具の持ち合わせがありません。
早速工具は注文したので、入荷次第メモリチップの移植について詳しく調査するつもりです。

試しに、最近流行のUSB3.0のUSBメモリを購入して壊れてもいないのに分解してみました。
やっぱり同じIS902というコントローラICが搭載されています。
しかし、私が入手したKINGMAXのものは基盤が大きめで余裕があり、IS902のパッケージも半田割れが起こりにくいものでした。

c0034002_16491969.jpg


c0034002_16494072.jpg


BUFFALOのように小さいものが好まれるのは確かですが、壊れやすいのでは困ります。
ましてや8GBとか16GBものデータが入ったまま読み出せなくなってしまうんですから。

私なら基盤が大きくて壊れにくそうなKINGMAXの方を使いますね。

しかし、試しに分解してみようというのはやめてください。
分解して、ICがはがれてしまったという修理依頼がありました。

c0034002_16524699.jpg


このUSBメモリは、端子が取れてしまったので自分で何とかしようと分解を試みたところ、ICが基盤からはがれてしまったそうです。
接着剤でしっかり接着されていたようで、作り方が悪いとしか言いようがありませんが、こうなると基盤のパターンが剥離して、容易に直すことが出来ません。
今回はこのメモリは修理できませんでした。

私も分解するときは気をつけようと思いました。
分解するときは無理は禁物です。開けにくい時は強力なはさみでプラスチック部分だけを少しずつ切るようにしています。
by yasupon2005 | 2012-08-21 16:58 | USBメモリ修理方法

MacBookAir Model A1466浸水修理

液体混入があり、起動しないというMacBookAir A1466の修理依頼がありました。

c0034002_15465479.jpg


開けられないネジは無いという弊社ですが、初めてのサイズのネジで少々戸惑いました。
携帯電話の分解に使用しているドライバーを紙やすりで削りちょうど良いサイズのドライバーを作成するところから始まります。
無い工具は作るわけです。

c0034002_1547228.jpg


裏ブタを開けると、あちこちに浸水の跡があります。

c0034002_15474225.jpg


左上にある液晶ディスプレイの信号ケーブルのコネクタ部分が酸化して溶けてしまっています。
この状況ですと、マザーボードと液晶ケーブルの交換が必要となります。

海外の調達先等調べましたが同じ形のマザーボード部品が見当たらず、残念ながら修理中断とさせていただきました。
液体混入の修理の場合はなるべく早い対応が必要となり、本当はバッテリーを外して置かないと酸化が進んでしまいます。Macの場合はバッテリーさえお客様では簡単に外せないから厄介です。
by yasupon2005 | 2012-08-21 15:48 | Macパソコン修理



パソコン修理方法のブログ。起動しないパソコンや動作がおかしいパソコンをどう修理するか頭を悩ませる日々の記録。全国宅配送料50%弊社負担します! 〒289-1226 千葉県山武市横田948-3 PCアシスト
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
修理のご依頼は

パソコン 修理


PCアシスト
〒289-1226
千葉県
山武市横田948-3
050-1205-3827
0475-77-7447
http://www.pc2.jp
営業日 月~金
営業時間 9時~18時
休業日 土日祝日




PCアシストは、パソコン修理の専門店です。
電源が入らない、画面が表示されない、OSが起動しないなどの壊れたパソコンを格安で修理致します。



=修理ご依頼はこちら=
























にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ
にほんブログ村



http://sakurasi-chintai.net/ ユーカリが丘に住みたい


プリティけいこの腹話術
カテゴリ
検索
記事ランキング
修理中のつぶやき
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧