パソコン修理日誌 【PCアシスト】

<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

IE10に更新したらスクロールバーが表示されないページが

パソコン教室の時の生徒さんから、作っているホームページのスクロールバーが表示されない。マウスのホイールでもスクロールされないという連絡が。



使っているパソコンはWindows7、IE10の環境です。
以前はIE9で、直前にアップデートをしています。



私のパソコンでもそのページを確認すると、IE9、IE7では正常に表示され、スクロールが出来ますが、IE10では出来ません。(こういうときのため、いろいろなバージョンのパソコンを用意しているのです。)



IE10の入ったパソコンで同じ症状が出ることから、ページに含まれるHTMLのタグが原因だと推測されました。



タグを確認すると、複数ある生徒さんのページのうち、スクロールバーが表示されないページにだけ、特別なタグが記述されています。


BODYタグのすぐ下に、


<CENTER style="position : fixed;">




そして、最後のBODYタグのすぐ上が

</CENTER>


となっています。

どうやら、この style="position : fixed;" という部分が悪いようです。

IE9までは、この指定があってもページが大きいときはスクロールバーが出るのですが、IE10からはスクロールバーが出ないのでしょう。





しかし、スクロールバーが出ないこのページも、IE10で、ファイル→名前をつけて保存をクリックし、デスクトップに保存してから開いてみると、こんどはちゃんとスクロールできて、ページの下まで見ることが出来ます。


自分で作っていないページの場合は保存してから開けば見られるということでしょうか。




今回は、自分で作っているページだったので、上記の style="position : fixed;" というタグを削除してスクロールが出来るようになりました。



IE10でスクロールが出来ない場合は、ソースを表示させて、ページ内のHTMLタグを確認してみてください。




PCアシスト
kaneko
by yasupon2005 | 2013-03-15 09:32 | エラー

Lenovo G570 ノートパソコン液晶パネル交換修理

Lenovoのノートパソコン、G570の液晶パネル破損の修理です。


c0034002_11581391.jpg



ノートパソコンの液晶パネル修理は本当に多いです。
マウスやペンなどの小物をキーボードに置いたまま、うっかりパソコンを閉じてしまったというのが一番多いようです。


液晶パネル部品を確認すると、最近多い15.6インチLEDバックライト液晶でした。


この機種に使用されている液晶パネルは汎用性が高く、いろいろなメーカーでも使用されています。互換性のある液晶パネルも多いし、使用している機種も多いということで、大量生産のコストダウンがされているのでしょう。


c0034002_1159311.jpg




Lenovo G570の他に、G560、東芝T350、Aspire AS5742、NEC LL550WG6、富士通NF D40Wなどなど、同じ液晶パネルで交換可能な機種は多いです。
互換パネルも多いです。
韓国、中国、台湾製がほとんどです。


最近、経営再建で話題のシャープの液晶パネルはほとんど見なくなりました。がんばれ!日本品質!



在庫がありますので、当日に修理完了となりました。




http://www.pc2.jp/pc/sindan/lcd.htm
液晶パネルの修理は、まずはお問い合わせくださいませ。
PCアシスト 050-1205-3827
by yasupon2005 | 2013-03-13 12:01 | ノートパソコン修理方法

USBフラッシュメモリー UFD-A2G2SV認識されないデータ復旧

SANWA SUPPLY(サンワサプライ)のUSBフラッシュメモリーの修理が続けて2本ありました。
サンワサプライのメモリー自体は修理依頼がそんなに多いわけではないのですが、1日に2本同じものが来るとちょっと驚きます。ちなみに一番多いのはBUFFALOです。


UFD-A2G2SV と UFD-A1G2SV です。
2GBと1GBのフラッシュメモリーですが、使われている基板とコントローラICは同じものでした。



どちらもパソコンに認識されない症状。「突然PCから認識されなくなりました。LEDが点灯せずデバイスマネージャからも見えない状態です。」というものです。




基板を顕微鏡でじっくり観察しますが、半田が割れている様子もありません。
ヒューズも切れていないし、チップ部品の不良ではなさそうです。



よく見ると、基板が薄いのが気になります。
ちょっと手で力を入れると少したわんでしまうようです。
恐らく、使用しているうちに基板内部での断線が起きているようです。



正常な基板の在庫がありますので、フラッシュメモリーICを移植して、データの取り出し作業を行うと、無事にデータの復旧をすることが出来ました。



c0034002_1874966.jpg




壊れていた基盤は、メモリーICが無い状態でもパソコンに認識されませんでした。ちなみに、通常メモリーICが無い状態でパソコンに接続すると、カードリーダーとして認識されます。



今回は、正常な基板を使って、2本ともデータの取り出しを行うことが出来ました。


USBフラッシュメモリーの修理のご依頼は、
http://www.pc2.jp/pc/sindan/usbmemory.htm
USBメモリーデータ復元修理
by yasupon2005 | 2013-03-05 18:11 | USBメモリ修理方法



パソコン修理方法のブログ。起動しないパソコンや動作がおかしいパソコンをどう修理するか頭を悩ませる日々の記録。全国宅配送料50%弊社負担します! 〒289-1226 千葉県山武市横田948-3 PCアシスト
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
修理のご依頼は

パソコン 修理


PCアシスト
〒289-1226
千葉県
山武市横田948-3
050-1205-3827
0475-77-7447
http://www.pc2.jp
営業日 月~金
営業時間 9時~18時
休業日 土日祝日




PCアシストは、パソコン修理の専門店です。
電源が入らない、画面が表示されない、OSが起動しないなどの壊れたパソコンを格安で修理致します。



=修理ご依頼はこちら=
























にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ
にほんブログ村



http://sakurasi-chintai.net/ ユーカリが丘に住みたい


プリティけいこの腹話術
カテゴリ
検索
記事ランキング
修理中のつぶやき
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧