パソコン修理日誌 【PCアシスト】

<   2017年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ACCESS2016で、2017年9月の自動アップデート後にデータベースを開くと*.mdbファイルが壊れる事件

会社のNASに伝票発行用のACCESSデータベースを入れて社員全員でそのデータベースを使っているのですが、今日、突然ACCESS2016を使っているPCでエラー画面が出て、データベース上のマクロが使えなくなりました。


ACCESS2013では問題なく動作していたのですが、1台だけACCESS2016のパソコンがあったのです。
そのACCESS2016で開いたとたんに、


「データベースに含まれているVBAプロジェクトを読み取れないためデータベースを開くことができません。VBAプロジェクトを削除する必要があります。VBAプロジェクトを削除すると、モジュール、フォーム、およびレポートからすべてのコードが削除されます。データベースを開いてVBAプロジェクトを削除する前に、バックアップコピーを作成することをおすすめします。」



このようなメッセージが出て、危険を察知してすぐにNAS上のデータベースファイル**.mdbファイルをバックアップしたのですが、時すでに遅しで、ファイルは壊されてしまった後でした。具体的には、ボタンをクリックするとフォームが開くようにマクロで動作していたのですが、全く動作しなくなりました。


ACCESSのバージョンは、1708になっていました。これは、8/30頃からWindowsUPDATEにて自動更新されていたようです。



この1708のバージョンでは、日本語のモジュール名やフォーム名を持つマクロがあるとマクロが破損してしまうという事らしいです。

くわしくは↓こちら
https://blogs.msdn.microsoft.com/office_client_development_support_blog/2017/08/23/ver1708-issue-japanesenamevbamodule/



とりあえず、システムの復元で、9月の上旬まで戻してバージョンが1707に戻ったことを確認し、さらにACCESS2016の自動アップデートを止めました。
止め方は↓こちら

https://blogs.technet.microsoft.com/outlooksupportjp/2016/03/20/c2rclick-to-run-outlook-20132016/





さて、問題はこれからです。
壊れたデータベースファイルmdbファイルを動作するように修理しなくてはいけません。

変なメッセージが出た直後にデータベースをバックアップしたのですが、まだ壊れていないと思っていたので、うっかり直前のバックアップファイルに上書きしてしまったというドジをしてしまいました。


無事だったバックアップファイルは、今年の4月の物でした。あ~なんてことだ、5か月分のデータを取り込まなくてはいけません。



4時間半かかって、無事にデータベースを復旧しました。


くそ~マイクロソフトめ、ちゃんと日本語環境で動作することを確認してから配布してくれよな!


もう絶対に、自動更新なんてしてやらないから!










by yasupon2005 | 2017-09-28 19:15



パソコン修理方法のブログ。起動しないパソコンや動作がおかしいパソコンをどう修理するか頭を悩ませる日々の記録。全国宅配送料50%弊社負担します! 〒289-1226 千葉県山武市横田948-3 PCアシスト
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
修理のご依頼は

パソコン 修理


PCアシスト
〒289-1226
千葉県
山武市横田948-3
050-1205-3827
0475-77-7447
http://www.pc2.jp
営業日 月~金
営業時間 9時~18時
休業日 土日祝日




PCアシストは、パソコン修理の専門店です。
電源が入らない、画面が表示されない、OSが起動しないなどの壊れたパソコンを格安で修理致します。



=修理ご依頼はこちら=
























にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ
にほんブログ村



http://sakurasi-chintai.net/ ユーカリが丘に住みたい


プリティけいこの腹話術
カテゴリ
検索
記事ランキング
修理中のつぶやき
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧