人気ブログランキング |

パソコン修理日誌 【PCアシスト】

2011年 04月 11日 ( 1 )

RAID構成デスクトップPCマザーボード交換修理

RAID構成デスクトップPCマザーボード交換修理を行いました。

hpのm9580jpで、640GBのHDD2台でRAID0の構成になっているシステムで、チップセットの不良によりマザーボードの交換が必要となりました。

具体的には、グラフィックボードを接続すると画面が表示されず、BIOSも起動しない状況です。
グラフィックボードを交換しても症状は変わらず、結局マザーボードの交換が必要ということになりました。

元のマザーボードは、ASUSのOEMのIPIBL-LBというマザーでした。部品入手困難だったため、これをGIGABYTE GA-G33M-DS2Rに変更しています。

そのまま入れ替えてももちろんWindowsVistaは起動できません。
ストレージドライバが合っていないためです。
セーフモードで起動しても、STOP 0x0000007Bエラーで再起動してしまいます。

この勝手に再起動するのを何とかレジストリの調整で解決できたので、ここにメモしておきます。

まず、元のマザーで起動させる必要があります。
元のマザーボードを修理して、とりあえずオンボードのVGAで起動できるようにしました。
そして、セーフモードで起動して、レジストリを修正します。
レジストリの変更は、危険を伴います。自己責任で!

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services を開きます。
左のウィンドウから、**ideを探して、右のウィンドウでStartの値が4だったらダブルクリックして値を0に修正します。

同様に、**raidを探して、Startの値を0にします。
同様に、**ahci と **atapi 、 IastorV のStartの値を0にします。

一度再起動して起動可能であることを確認します。
上記の手順では、大抵のマザーボードでHDDを認識できるように値を変更していますが、その分起動が遅くなる可能性があります。必要なものだけ変更すると良いでしょう。

電源を切って、マザーボードを入れ替えてOSそのままのHDDでWindowsを起動させ、ドライバを適用してライセンス認証を行います。

私が普段使っているWindowsVista機も念のため壊れる前にレジストリを修正しておきました。これでいつマザーが壊れても適当なマザーに変えてすぐに復活可能です。

WindowsVista,Windows7のOSでは、Windowsのインストール時に使用されていないストレージドライバが無効になっているために起こるエラーで、レジストリの調整で解決できるとしています。
http://support.microsoft.com/kb/922976/ja

PCアシスト
http://www.pc2.jp/pc/
by yasupon2005 | 2011-04-11 13:13 | デスクトップ修理



パソコン修理方法のブログ。起動しないパソコンや動作がおかしいパソコンをどう修理するか頭を悩ませる日々の記録。全国宅配送料50%弊社負担します! 〒289-1226 千葉県山武市横田948-3 PCアシスト
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
修理のご依頼は

パソコン 修理


PCアシスト
〒289-1226
千葉県
山武市横田948-3
050-1205-3827
0475-77-7447
http://www.pc2.jp
営業日 月~金
営業時間 9時~18時
休業日 土日祝日


PCアシストは、パソコン修理の専門店です。
電源が入らない、画面が表示されない、OSが起動しないなどの壊れたパソコンを格安で修理致します。



=修理ご依頼はこちら=

無料見積-お問合せ
カテゴリ
検索
記事ランキング
修理中のつぶやき
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧